太陽光発電のメリット

太陽光発電について考えよう

節税対策に利用できる太陽光発電


a0002_005119

近年太陽光発電システムを導入する方が増えてきているそうですが、特に企業が大型の太陽光発電システムを導入するケースが増えているそうです。

確かに太陽光発電システムは節電や環境保護に効果を発揮してくれますが、企業がそこまで力を入れる理由はそれだけではありません。

実は太陽光発電システムは説是したい策に利用する事が出来るという企業にとっては非常に大きなメリットがあり、多くの方が節税のために太陽光発電を導入しているのだそうです。では一体どのように太陽光発電による節電は行われているのでしょうか。

太陽光発電による節税対策の一つに発電システム導入時に利用できる減税制度があります。

通称グリーン税制と呼ばれる減税制度によると青色申告所を提出する法人又は個人が10kw以上の発電量を確保できる発電システムを期間内に導入した場合設置費用の全額を初年度に償却する事が出来るようになり、大きく減税する事が出来るようになるそうです。

更に売電制度も全量買取制度という発電した全ての電力を売却する事が出来るようになるため、その分納税額を減らす事が出来ることでしょう。

これらの制度はもうすぐ利用できなくなったり得られる利益が減少する事が予定されているのでなるべく早く太陽光発電を導入するようにしたほうが良いでしょう。